スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AURA-SOMA(B052 Lady Nada)使用35日目+B023 Love and Light


今日は夕方病院へ行く予定だったせいか、朝から緊張して落ち着かず、数日ぶりにエーテルレスキューも使用。
もう何年も前から、病院や市役所等々、きちんとした場所に行く前の緊張がすごいので、それについてほんの少しだけホ・オポノポノをやってみたら、緊張が軽減されたわけではなかったのですが、いつも予約時刻ぎりぎりか遅刻することが多いのに、今日は珍しく10分前には到着し、我ながら嬉しく思いました。
最近寒くなってきたせいか、時々妙に心細くなったりするので、数年前にテスターを購入し、下層のピンク色が抜けてクリアになってしまったBO23も使用しています。
(正直に書けば、気がかりではあれども何も出来ないままAlexとも未だ疎遠になっているので、テンションが落ちて無気力になることも多かったりします。何か恋愛というよりも、滅多に出会えない魂の仲間的な存在なので)

B023 Love and Light 愛と光 テスター


B023 Love and Light 愛と光

上層 ローズピンク
下層 ピンク
メモ ローズピンクを含む唯一のボトル
タロットカード ワンドのキング(King of Wands)

メイン テーマ: 慈悲と自己受容。自分自身をはっきりと見つめる中で、慈悲を見出すほど、自分をもっと受け入れることができる。

アファメーション: 私はあるがままの自分を受け入れます。私はそのままの自分を許します。

1本目に選ばれたときの性格的側面: 自分自身のことを知りたいという強い希望を持っています。そしてその知識を実際に使うことができます(例えば、セラピーや瞑想などを通じて)。肯定的かつ実際的な方法で運命を受け入れます。強い人ですが、この強さは優しさ、暖かさ、共感となって現われます。また、与え、受け取る能力があります。

2本目に選ばれたときに、チャレンジとなる性格的側面: とても不安定な状態かもしれません。愛されていないと感じています。次から次へといろいろな症状が現れます。その原因のひとつとして、子供のときは、病気が現われているときだけにしか面倒を見てもらえなかったという場合があるかもしれません。そして今でもこのパターンを繰り返しているのかもしれません。

スピリチュアルレベル: スピリチュアルな力やエネルギーだけでなく、その調和をも高めます。無条件の愛への扉を開きます。

精神的レベル: 自己をより深く理解できるようになります。使用者が、自分自身についての過ったイメージや幻想を消し去ることができるようにします。

感情的レベル: 片思いのときの欲求不満や虚しさといった感情を克服する助けとなります。コミュニケーションを妨げている障害を取り除き、罪の意識と不安感を解き放つのに役立ちます。別居や離婚で自分を愛する気持ちを失っている場合には、それを蘇らせます。

使用部位: 下腹部の周り全体に、身体の後ろも含めて、ぐるっと帯状に塗布します。感情的な問題がある場合は、心臓の周り一帯に、身体の後ろも含めて、ぐるっと帯状に塗布します。霊的、心理的な問題がある場合は、頭髪の生え際にそって塗布します。

特質: なし.

よい機会なので、子供のときは、病気が現われているときだけにしか面倒を見てもらえなかった、に関連して。
私は両親が共働きだったので、病気のときは祖父が病院に連れて行ってくれたので、面倒を見てもらえなかったわけではないにしても、症状が重いときなどに母親が仕事を休んでくれるのが嬉しかったのは確かです。
また、幼少の頃に一度だけですが、夜になって原因不明の耳の痛みを感じたときに、その当時から然程中がよくなかった両親が車で夜間病院に連れて行ってくれたことが、子供心にも深く印象に残っているというのはあります。
それだけが原因でもないような気はしますが、ともかく、4本セットのワークで、「B021 愛の新しい始まり」を使用し出した頃から、病気というよりも、「可哀想な自分」または「被害者」になることでしか他者から愛されないような気がしている自分に気が付いたので、それも変わりつつあります。
これからは、健康で元気で豊かで幸福な自分になってもいいんだ、普通に愛されるんだ、という思考パターンも確立したいと思います。

というか、これを書いていて気が付いたのですが、私が明るく楽しそうに過ごしていると、初恋のDV男子が拗ねる、いじける、怒るという経験が、一番強烈な障害になっていたのかもしれません。
ついでに書くと、つい先日見た夢の中にそのDB男子が出てきて(最近、頻度が減りましたがよく出てきます)、学校の中で彼とすれ違う際に、いつもの習慣から彼に好意を示すことで機嫌を取るために近づいたところ、「嫌いなのに付きまとわれてイヤだった」と言われた上に、彼が持っていた大きなガラスの板をそこらへんに叩きつけたかと思うと、割れたガラスの破片を私に次々に投げ付けてきて、流血する怪我を負ってしまいました。
そしてその場から保健室に向かう途中、「彼に求められてやっていただけなのに…また誤解されないように他の人にもちゃんとそう言おう」と思っていました。
(現実でも、彼が私と彼の共通の友人に彼が有利になる嘘をつきまくっており、私が一方的な悪者にされた為)
…こうしてあらためて書き出すと、何か怖くなってきました。
でも、これは私にとっては「嫌な夢」ではなく、却って今の今まで心のどこかで彼に遠慮してきたのも、もうキッパリやめていいのだな、と思いきる為には「よい夢」だったと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

Veronica

Author:Veronica
おもしろきこともなき世をおもしろく

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

所感 2018/01/27
AURA-SOMA(B079 The Ostrich Bottle) 4日目 2018/01/22
AURA-SOMA(B079 The Ostrich Bottle) 到着・使用開始 2018/01/19
AURA-SOMA(B079 The Ostrich Bottle) 注文 2018/01/18
Twin Ray 6(新生シャンバラヒーリング) 2018/01/18

検索フォーム

最新トラックバック

カウンター

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。